「や~ん気持ち良すぎる~💛」305号室のオンナ6話

「や~ん気持ち良すぎる~💛」305号室のオンナ6話



一見堅そうだったんですが、実はセックス大好きだった篠原さん。

部屋に入り愛撫をするだけで吐息がもれます。

あっという間にエロモードに突入していき、、、、。

脅威の淫乱体質です。。

今が食べごろ305号室のオンナ。

締まり具合も最高です!

フィニッシュシーンも充実のデカ尻&ボイン♪

篠原さんにとって管理人室は心も体も気持ちよきすてもらえる場所です。

本気でそんなつもりじゃなかったのに。。。

密室でふたりきりで、ボディタッチも。

部屋に入るなり管理人須藤の肉棒にしゃぶりついたのは言うまでもありません。

305号室のオンナ









仕事や付き合いで忙しい夫とセックスレスだという篠原さん。

一回だけの関係ならと須藤と付き合ってみたら、まんまとハマってしまいました。

自宅にお呼ばれして旦那の存在を感じながらやるセックスは寝取り感も興奮感もmax!

あなた、こんなに感じてごめんなさい。

我慢できない、今すぐ挿れて!

性欲が強く我慢ならずに直求勝負で即合体する305号室のオンナ。

若さも相まって性欲は獣並。

305号室以外でもあらゆる場所で抜き差しします。

須藤に要求されるがままタップリご奉仕する篠原。

305号室のオンナ6話感想










ブックライブコミックは登録/利用は無料でできます。

今回紹介した305号室のオンナはほんの一部です。

まだまだ多種多様なスケベオンナたちが楽しめます♪



ぜひ一度お試しください。

欲求不満女が暴発寸前ですよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする